Xperia XZ3のスペック概要がリーク、6インチP-OLEDパネル搭載

投稿日:

Sony MobileからIFA 2018に合わせて発表されると思われるXperia最新機種「Xperia XZ3(仮称)」。

先日の製品画像のリークに続いてXperia XZ3のスペック概要と新しい画像などがRoland Quandt(@rquandt)によってリークされました。

スペックの概要は、

  • 6インチP-OLEDパネル
  • 18:9 2880x1440
  • Qualcomm Snapdragon 845
  • 4GB/64GB
  • 19MP背面カメラ
  • 13MP前面カメラ
  • 3300mAh
  • Android Pie

噂通りP-OLEDパネル搭載となるようです。画面サイズはXZ2の5.7インチから6インチにインチアップされ、XZ1から1年で5.2→6インチと大幅にアップされることになります。また、画素数もXperia XZ2(18:9 2160x1080)より向上するようです。

気になっていた背面カメラはやはりMotion Eyeカメラが引き続き搭載されるようです。新型の有効4800万画素CMOSイメージセンサ「IMX586」はDRAM非搭載で機能面で見劣りします。恐らくIMX586は別の機種で登場するのではないかと思います。

前面カメラがXZ2で13MP→5MPにスペックダウンしていましたが再び5MP→13MPへと戻るようです。5MPはZ5時代まで戻り、現行のミッドレンジモデルを下回る不可思議な選択だっただけに安心です。

RAM 4GBとなっていますが、現行と同じくDual SIMや日本版では6GBになると思われます。

バッテリが3180mAh→3300mAhと増量していますが、画面の大型化の影響なのか消費電力が増えているのかもしれません。重量も200gを超えてきそうな気がします。

デザイン面では不評だった背面の膨らみはかなり緩和され、全体的にXperia XZ2より洗練された印象です。Xperiaは春モデルより秋モデルの方が完成度は高いと感じる機種が多いのでXZ3は期待です。

winfuture.de

-Xperia
-,

Copyright© 8wired.info , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.