8wired.info

Sony Xperiaの話題とか

Xperia

Sony、有効4800万画素のスマホ向け積層型CMOSイメージセンサー「IMX586」を発表

投稿日:2018年7月23日 更新日:

Sonyが業界最多となる有効4800万画素のスマートフォン向け積載型CMOSイメージセンサ「IMX586」を発表。

世界で初めて0.8㎛の微細な画素サイズを開発することで、1/2型(体格8.0mm)でありながら有効4800万画素を実現し、高品質な画像の撮影が可能とのこと。4800万画素というのはXperia XZ Premiumに搭載されたDRAM積層型CMOSイメージセンサーの2120万画素の約2倍に相当します。

一般的に画素の微細化を進めると、1画素あたりの集光効率が悪くなり、感度が低下するとともに、飽和信号量も低下しますが、IMX586では集光効率、及び光電変換効率を従来よりも高める設計・製造技術を駆使することにより微細化を成功されたようです。

IFA 2018で発表されるXperia新機種に搭載される可能性がありそうですが、DRAM非搭載のため単純な乗せ換えになるとは考えにくく、どのような形(機種)で搭載されてくるか注目ではないかと思います。

業界最多有効4800万画素※2のスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサーを商品化 | Sony Japan

-Xperia
-

Copyright© 8wired.info , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.