通話し放題プランで月額1479円、ソフトバンクの「ガラケーのりかえ割」の概要

投稿日:

fig_main

ソフトバンクでは、2015年2月から「ガラケーのりかえ割」というキャンペーンが行われています。このキャンペーンは、他社の従来型ケータイからソフトバンクの指定機種にのりかえ(MNP)すると、通常2,376円/月の通話し放題プランが3年間に限り1,479円/月で利用できるというものです。

ガラケーのりかえ割の特徴

  • MNPで通話し放題プランが3年間に限り1,479円/月
  • 指定機種(3G/4G/AQUOSケータイ)を新スーパーボーナス契約(3年割賦/一括)で購入
  • 3年契約、満了後は専用の2年契約に自動更新
  • インターネット接続基本料(S!ベーシックパック)の加入不用
  • データ定額パックの加入不用
  • 契約更新月以外での解約は契約解除料9,500円(税抜)

通話し放題プランには基本使用料が含まれているのでホワイトプラン加入の必要はなく、S!ベーシックパックなどのインターネット接続基本料の加入の必要はありません。また、ガラケーのりかえ割では端末の実質負担額は0円なので、端末代金を含めた毎月の維持費も1,479円という事になります。

MNP限定、3年間の期間限定という条件付ですが、かなり魅力的な契約である事は間違いありません。

ガラケーのりかえ割だけでも十分にお得なのですが、ソフトバンクにMNPする場合には、高いキャッシュバックが受けられる「おとくケータイ.net」を通すのがおすすめです。

ガラケーのりかえ割でおすすめの機種

ガラケーのりかえ割が可能になる指定機種は12種ほどありますが、基本的に実質負担額は0円なので最新の2機種がおすすめです。

機種 端末価格 月月割 実質負担額
DIGNOケータイ 23,760円 660円/月×36ヶ月 0円
AQUOSケータイ 23,760円 660円/月×36ヶ月 0円

どちらの機種も月月割で実質負担額が0円、一括払い(または一括0円の店舗)なら通話し放題プランが819円/月になる計算です。

通話メインという事であれば、LTE(VoLTE)対応のDIGNOケータイを選択するのがおすすめですが、LTE(VoLTE)には非対応ながらBluetoothテザリング(子機)対応のAQUOSケータイも捨てがたいです。

端末の詳細は下記ページにまとめてあるので、興味のある方は参考にしてみてください。
ドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)のガラホ端末の比較 | 8wired.info

-ガラホ

Copyright© 8wired.info , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.