毎月1万人を割引!初期費用3,000円→1円!イオンモバイル1周年記念キャンペーン開催中

投稿日:

イオンのSIMはIIJmioのパッケージの1つとして提供されていましたが、昨年2月にMVNO事業者のイオンモバイルとしてリニューアルしました。月額480円からという業界最安クラスの料金とイオンが運営しているという安心感から、この1年間で定番の格安SIMの1つとして定着しています。

そんなイオンモバイルが1周年を記念して2017年2月18日から2017年3月31日の期間、「イオンモバイルありがとう1周年記念キャンペーン」を開催しています。注目のキャンペーンです。

1周年記念キャンペーン内容

1周年記念キャンペーンでは、3つのキャンペーンが開催されています。

毎月抽選で1万人に全額~10%基本料金割引

1つ目はイオンモバイル通信サービスを契約している全てが対象として、毎月抽選で1万人に月々の料金が全額~10%割引になるというものです。

抽選は2017年4月から2018年3月までの期間中毎月開催され、抽選は毎月リセットされるので複数月で当選する可能性もあるようです。抽選月の月額基本料金のみが割引対象で、通話料や追加サービス利用料金などは含まれません。

また、抽選は契約電話番号単位行われ、複数回線を契約していても当選した1回線のみが割引対象となるようです。

このキャンペーンの応募は不要で、自動的に抽選、割り引きが行われます。

12ヶ月で最大12万人が対象となるかなり大きなキャンペーンです。

新規、MNP契約の初期費用1円

2つ目はイオンモバイルを新規・MNP契約者を対象に、通常3,000円(税抜)のSIMカード料金が1円(税抜)になるというものです。

音声SIM、データSIMの全プランが対象で、2017年2月18日(土)から2017年3月31日(金)までの契約者が対象です。

イオンモバイルは最安値クラスの月額費用が魅力ですが、初期費用が必ずかかるのがネックでした。他の格安SIMはパッケージ費用が1,000円未満で販売されていたり、キャッシュバックキャンペーンが頻繁に行われていますが、これまでイオンモバイルで初期費用が割引された記憶がありません。

イオンモバイルが初期費用1円で始められるのはかなりのチャンスなので、格安SIMを使ってみたい人や乗り換えを検討している人はこのキャンペーンを利用するのをお薦めします。

※ SIMカード再発行やSIMのサイズ変更時には、通常の3,000円(税抜)がかかります。

KYOCERA S301が10,000円

3つ目は通常価格15,800円(税抜)のKYOCERA S301がキャンペーン価格10,000円(税抜)で販売されるというものです。

KYOCERA S301は耐衝撃・防水・防塵に対応した5.0型液晶搭載のSIMフリースマートフォンです。

スペックは、Snapdragon 410、1GB/8GB、5インチqHD TFT液晶(960x540)2,300mAh、500万画素/200万画素カメラ、IPX5/IPX7防水、IP5X防塵、耐衝撃です。

SIMフリースマホですが、RAM 1GBに低解像度というローエンド端末なので、1万円(税抜)という値段でも正直魅力はあまりないかもしれません。出荷時のOSはAndroid 4.4で、調べてみましたがアップデートもされていないようです。

せっかくの注目キャンペーンですが、これだけが残念です。

まとめ

今回のキャンペーンは、初期費用1円に加えて最大12万人(回線)を対象に割引という新規利用者だけでなく既存の利用者にも魅力のあるキャンペーンです。

昨年2月のサービス開始からこれまで初期費用(SIMカード)が安くなるキャンペーンはなかったので今回のキャンペーンはイオンモバイルを使い始めるには大きなチャンスです。格安SIMを使ってみたい人や乗り換えを検討している人は、このキャンペーンを利用しない手はないと思います。

イオンモバイルについては下記のページでまとめてあります。

-MVNO, アップデート情報
-

Copyright© 8wired.info , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.