Xperia

「Xpera X Compact」はまさかの防水未対応?概要、対応ネットワークバンド、Xperia Z5 Compactとの比較など

投稿日:2016年9月2日 更新日:

xperia-x-compact-top

9月1日にIFA 2016のプレスカンファレンスで「Xperia XZ」「Xperia X Compact」が発表されました。

「Xperia X Compact」は1年ぶりに発表された4.6インチ液晶を搭載するコンパクトモデルで、Xperia XZと同じくXperiaシリーズで初となるUSB Type-Cを搭載した機種です。

前コンパクトモデルのXperia Z5 Compactの後継となる機種なので、Xperia Z5 Compactと比較しながらXperia X Compactの特徴を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

コンパクトモデル「Xperia X Compact」

Xperia Z5 Compact、Z3 Compactとの比較

機種名 Xperia X Compact Xperia Z5 Compact Xperia Z3 Compact
OS Android 6.0 Android 6.0 Android 6.0
液晶 4.6インチ
HD
1280×720
4.6インチ
HD
1280×720
4.6インチ
HD
1280×720
CPU Snapdragon 650
2×1.8GHz+4×1.4GHz
6コア
Snapdragon 810
4x2GHz+4×1.5GHz
8コア
Snapdragon 801
2.5GHz
4コア
GPU Adreno 510 Adreno 430 Adreno 330
RAM 3GB 2GB 2GB
STORAGE 32GB 32GB 16GB
外部メモリ microSD 200GB microSD 200GB microSD 128GB
本体サイズ 129.0×65.0x9.5mm 127.0×65.0x8.9mm 127.0×64.9×8.6mm
重量 135g 138g 129g
バッテリ 2700mAh
standby(LTE): 670時間
2700mAh
standby(LTE): 490時間
2600mAh
standby(LTE): 800時間
メインカメラ 23MP FHD video 23MP 4K video 20.7MP 4k video
サブカメラ 5MP FHD video 5MP FHD video 2.2MP FHD video
指紋認証
Gyroscope
USB Type-C
防水/防塵 IP65/IP68 IPX65/IP68
SIMサイズ nano SIM nano SIM nano SIM
発売時期 2016年9月 2015年10月 2014年10月

Xperia X CompactとXperia Z5 Compactのスペックを比較して、変化した点や気づいた点などを列挙してみます。

  • ミドルレンジCPUのSnapdragon 650搭載
  • RAMが2GBから3GBに増量
  • 縦サイズが2mmアップ、厚さが0.6mmアップ
  • 重量が3g軽量化
  • バッテリ持ちがアップ
  • 4K動画撮影未対応
  • 防水・防塵未対応?
  • USB Type-C搭載

Xperia X Compactは、Xperia Z5 Compactと比較するとCPUの変更やRAMの増量など基本スペックが変わっています。

Snapdragon 650はミドルレンジCPUですが、ハイエンドCPUのSnapdragon 810とベンチマーク性能は同じくらいと言われているので処理能力に大きな違いは無さそうです。ただし、3D処理は若干苦手のようです。

本体サイズは、縦横はほとんど変わっていませんが、厚さが0.6mm増しています。Z3からZ5で0.3mm増したとき非常に厚みが増したのを感じたので、さらに0.6mmも増しているというのは非常に気になります。

重量が3g軽量化されたのは好材料です。コンパクトモデルに求めるものは小さく軽くなので、Xperia Z3 Compactと同じ120g台だとさらにだと良かったかもしれません。

Xperia X CompactはXperia Xのコンパクトモデル

一緒に発表されたXperia XZのCPUはハイエンドのSnapdragon 820ですが、Xperia X CompactはミドルレンジのSnapdragon 650を搭載となりました。

これまでに発売されたコンパクトモデルは、同時期に発表された最上位モデルと同じハイエンドのCPUを搭載していましたが、今回は異なる種類のCPU、ミドルレンジのCPUという点でこれまでと異なっています。

海外で発売されているXperia XがXperia X Compactと同じSnapdragon 650を搭載しているので、Xperia X CompactはXperia Xのコンパクトモデルという位置付けのようです。

Xperiaのコンパクトモデルはハイエンドモデルと同等の性能を持つコンパクトモデルという魅力がありましたが、最近のスマートフォンのCPUはミドルレンジCPUでも必要十分な性能を持っているので、バッテリ持ちなどを考えると一概にマイナスとは言えません。

4K動画撮影に未対応、実際は?

Xperia X CompactはXperia Z5 Compactが対応していた4K動画撮影に未対応になっています。使う使わないは別にして、これまであった機能が無くなるというのは少なからず受け入れがたい部分があります。

ただ、Snapdragon 650は性能上4K動画撮影が可能なので、もしかしたらXperia X Compactでも撮影が可能かもしれません。公式では非対応になっているので何か問題があるのかもしれませんが、Xperia X Performanceという前例もあるので可能性は否定できません。

まさかの防水・防塵に未対応?

Xperia X Compactで一番驚かされたのが、Xperia X Compactが防水・防塵に未対応という点です。ホームページやホワイトシートを何度見直しても防水・防塵についての記載が見付けられなかったので、恐らく未対応なのだと思います。

日本で発売されるモデルは昔から防水・防塵が基本だったので、日本で発売予定のXperia X Compactもこれまで通り防水・防塵になるだろうと思っていましたが、まさかです。

ただ、公式に防水・防塵を謳っていなくもXperia Xなケースもあり、生活防水程度の防水性能は期待できるので、防水・防塵非対応だからと悲観する必要はないかもしれません。

Xperia Xは密かに防水対応しているらしい | 8wired.info

バッテリ持ちは改善

Xperia X Compactのバッテリ容量は2700mAhでXperia Z5 Compactと同量ですが、公表されているバッテリ持ち時間はXperia Z5 Compactよりも約30%ほど良くなっています。

表中には掲載していませんが、動画再生時間もXperia Z5 Compactの8時間42分に対してXperia X Compactが10.8時間で約25%ほど良くなっているので、実際の利用でもバッテリ持ちは向上していそうです。

ただし、何故か音楽再生時間だけがXperia Z5 Compactの87時間に対してXperia X Compactが65時間と約30%ほど短くなっている点が気になります。

Xperia X Compactの対応ネットワークバンド

Xperia X Compact GSM GPRS/EDGE 850, 900, 1800, 1900 MHz
UMTS HSPA+ 800 (Band VI), 800 (Band XIX), 850 (Band V), 900 (Band VIII), 1700 (Band IV), 1900 (Band II), 2100 (Band I) MHz
LTE Bands 1,2,3,4,5,7,8,12,17,19,20,26,28,38,39,40,41
Xperia Z5 Compact GSM GPRS/EDGE 850, 900, 1800, 1900 MHz
UMTS HSPA+ 850 (Band V), 900 (Band VIII), 1900 (Band II), 2100 (Band I) MHz
LTE Bands 1,2,3,4,5,7,8,12,17,20,28,38,40

Xperia X Compactの対応ネットワークバンドは、Xperia Z5 Compactからだいぶ増え、日本での使い勝手が格段に良くなっています。

Xperia XZとの違いは、LTEバンドが13/26/29/32に未対応。

3G

band 通信キャリア Xperia X Compact Xperia Z5 Compact
1 NTTドコモ
ソフトバンクモバイル
アジア
欧州
2 PCS
米AT&Tモビリティ
米T-Mobile
加Rogers
5 米AT&Tモビリティ
豪Telstra
加Rogers
ブラジルClaro,Telemig Celular
6 NTTドコモ(FOMAプラスエリア)
8 フィンランドElisa
タイAIS
豪Optus,Vodafone
ソフトバンクモバイル
9 NTTドコモ
ソフトバンク(ワイモバイル)
11 ソフトバンク
19 NTTドコモ(FOMAプラスエリア)

3Gは800(Band VI、Band XIX)の2バンドが追加され、NTTドコモのFOMAプラスエリアに対応しています。

LTE

band 通信キャリア Xperia X Compact Xperia Z5 Compact
1 NTTドコモ
KDDI
ソフトバンク
韓国
中国
2 カナダ、中南米
3 NTTドコモ
ソフトバンク(ワイモバイル)
台湾
韓国
欧州
中国
4 米国
5 韓国
7 北欧
香港
韓国
カナダ、中南米
8 ソフトバンク
ソフトバンクモバイル
韓国
欧州、中南米
台湾
12
17 AT&Tモビリティ
ドコモパシフィック
19 NTTドコモ
20 欧州
21 NTTドコモ
26 KDDI/沖縄セルラー電話 (MFBI)
米国
中国(中国電信)
28 NTTドコモ
KDDI/沖縄セルラー電話
ワイモバイル
豪州
ブラジル
ニュージーランド
中南米
台湾
38 タイ
台湾
欧州
ロシア
中国
39 中国
40 タイ
香港
豪州
中国
インド
南アフリカ
インドネシア
41 米国
中国

LTEは新たにバンド19/26/39/41の4バンドが追加されました。バンド19はNTTドコモ、26はKDDI、39は中国、41は米国、中国、UQコミュニケーションズなどに対応しています。

1モデルのみ

Xperia Z5 CompactではLTE通信規格への対応の違う2つのモデルが存在しましたが、Xperia X CompactはF5321の1モデルのみです。

また、Dual SIMモデルは存在せず、Single SIMモデルのみのようです。

技適マーク無し

これまでXperia Z3 Compact D5803、Z5 Compact E5823などには技適の認証を受けていましたが、X Compactでは未承認のようです。

最近、訪日旅行者の増加や東京オリンピック開催決定を受けて電波通信事業法の一部が改訂になり、訪日旅行者の持ち込む携帯電話の電波については規制が緩和されました。

キャリアモデルの存在を考えれば、競合する可能性のあるグローバルモデルに技適の認証を受けている方が不思議でしたが、技適の認証を受けなかったのはこうした緩和の影響が少なからずあるかもしれません。

Xperia X Compactの価格

Xperia XZの価格は、英amazonで£379(約51,000円)で発売される予定の様です。発売日は9月28日。

欧州でXperia XZとXperia X Compactの予約受付が開始、価格も判明 | juggly.cn

これまでのコンパクトモデルは、約6万円だったので1万円ほど安いです。Xperiaのミドルレンジの端末は、いつも他メーカーの端末より少し高めなのもいつも通りです。

2016年9月5日追記

日本に発送してくれる英国のショップCloveの販売価格は、£315.83(約44,000円)+VAT、送料と国内到着時の消費税を含めると約5万円になるようです。発売日は9月12日頃。

CloveがXperia XZとXperia X Compactの予約を開始 | juggly.cn

ドコモからSO-02Jとして発売予定

2016年10月20日追記

Xperia X CompactはNTTドコモの2016-2017年冬春でSO-02Jとして発売されることが発表されいました。

グローバルモデルでは非対応とされている防水・防塵やワンセグなどに対応し、グローバルモデルには無い色Soft Pinkがラインナップに追加されています。

https://www.nttdocomo.co.jp/2016_docomo_collection/so02j/index.html

まとめ

Xperia Z5 Compact以来となるコンパクトモデルの発売なのでかなり注目していましたが、事前に情報があったとは言えミドルレンジだったのは驚きです。

ただ、最近MVNOで使われている端末は、ほぼミドルレンジの端末なので性能面で不安を感じることはなく、バッテリ持ちも抑えられるミドルレンジのCPUの方がバッテリ容量の少ないコンパクトモデルには向いていると感じます。

Xperia Z3 CompactがAndroid 7.0 Nougatへのアップデート対象から外れ、買い替えを検討しているところなので、Xperia X Compactが素直に購入できそうな機種に仕上がり一安心です。

価格調査

当サイトでは、EXPANSYS、AMAZON、ETORENでの販売価格を定期的に巡回して記録しています。
各ショップの価格動向や価格比較などに利用してください。

[価格調査] Xperia X Compact F5321 | 8wired.info

スポンサーリンク

-Xperia
-, ,

執筆者: