Xperia

Sony MobileはOSアップデートも展開も遅いが安定性は高いというレポート

投稿日:

モバイルアプリの解析などをしている米国会社Apteligentが、Android 5.xから6.0にバージョンアップに関する端末メーカーの対応状況を分析したレポートを公表しました。

Apteligent Data Report: Android Manufacturer Edition | Apteligent

このレポートでは、どの端末メーカーがOSアップデートを迅速に開始し、積極的に展開(多くの端末に提供)しているかを中心にレポートされています。

apteligent-report-2016_1

レポートによると、米国市場ではMotorolaが最も早くAndroid 6.0へのアップデートを開始し、HTCの展開スピードが最も早いという結果です。

Sony Mobileは、OSアップデートの最も早いMotorolaが1月だったのに対して5月、展開スピードも他の端末メーカーと比較するとかなりゆっくりという結果です。

ただし、これは端末メーカーの戦略の違いによるところが大きく影響するようです。モトローラやLGは、最初に規模の小さい機種にOSアップデートを行い、2カ月ほど経過してからアップデートを拡大しています。一方で、Sony Mobileは最新機種のXperia Z5からOSアップデートの提供を開始しました。

しかしながら、それを考慮しても他の端末メーカーと比較するとSony Mobileは開始も展開も遅い印象です。

また、レポートではアプリの平均クラッシュ率の調査も行われています。

apteligent-report-2016_2

それによると平均クラッシュ率はSony Mobileが最も低い0.08%で、アップデートの開始は遅いが安定性は最も高いという結果になっています。

最新のOSを早く使ってみたいという気持ちもありますが、出来るだけ安定して使い続けたいという気持ちもあるだけに、どちらを優先させるかはなかなか難しい選択かもしれません。

スポンサーリンク

-Xperia

執筆者: