スマホ

日本初のAndroid Oneスマホ、シャープ製「507SH」が7/29にY!mobileから発売

更新日:

aquos-507sh

7月29日にY!mobileから日本初となるAndroid Oneスマホ、シャープ製「AQUOS 507SH」が発売になります。

507SH, Android One | Y!mobile オンラインストア

Android OneスマホということでNexusシリーズに興味がある人に注目の機種になりそうですが、私もその一人ということで507SHの詳細をみていきたいとおもいます。

Android One

507SHの話の前に、Android Oneについてです。

Android Oneとは?

「Android One」は、Googleが展開するAndroid搭載スマートフォンのブランドです。中東やアジアなどの開発途上国などで流通している低価格スマートフォンにはOSのアップデートが提供されない問題が起きており、この問題を解決する目的のため作られたOSです。

「Android One」の基本設計はグーグルが行い、世界各国のパートナーメーカーが各国の情勢にあったカスタマイズを行い販売されます。OSのアップデートはGoogleによって管理され、最新のアップデートが提供されます。OSアップデートの保証期間は発売日から最長2年。

新興国に限らず日本で販売されている多くのスマホにも同様の問題が起きています。大手通信キャリアから販売されているスマホは、修正アップデートが稀に、メジャーアップデートが極稀に行われる程度です。

また、グローバル展開されているスマホにはアップデートが行われていても、日本で販売されているスマホにはアップデートされないといった状況もよくあります。

「Android One」では、OSアップデートの障害となる通信キャリアや端末メーカーの介在がないためこうした問題は発生せず、Googleから提供される最新かつ安全なOSが利用できるようになります。

Nexusシリーズとの違い

Googleは既にNexusシリーズというブランドを展開していますが、Android OneとNexusシリーズとの違いはGoogleが何処まで関わっているかです。

Android Oneでは基本設計はGoogleが担当していますが、パートナーメーカーが各国の情勢にあったカスタマイズを行っています。一方、Nexusシリーズでは基本設計からハードウェアに至るまで全てGoogleが関与しています。

後述に507SHとNexus 5Xの比較をしていますが、507SHには防水・防塵対応やワンセグなどNexusシリーズにはないカスタマイズがなされたスマホになっています。

SHARP AQUOS 507SH

507SHの特徴やNexus 5Xと比較しながら、507SHの詳細をみてみます。

507SHの特徴

  • 日本初の「Android One」スマホ
  • キャップレス防水・防塵対応
  • ワンセグ対応
  • 大容量の3,010mAhバッテリ
  • そこそこのCPU、カメラ性能
  • おサイフケータイ、赤外線通信、緊急速報メールに未対応

日本初の「Android One」スマホ

507SHの特徴と言えば、これに付きます。

Y!mobileでは、発売より18ヶ月のアップデート、最低1回以上のメジャーアップデートが保証されています。また、セキュリティに関するアップデートも毎月実施されるようです。

2年契約とか結ぶなら2年間のアップデートを保証しろと言いたいところですが、アップデートはGoogle次第だと思うので最終的にいつまで保証されるかまだわかりません(最低18ヶ月、最長2年)。

しかしながら、確実にAndroidの次期バージョン「Nougat(ヌガー)」が利用できるのは有り難いですね。

キャップレス防水・防塵対応

507SHは、ミドルレンジに分類されるスマホですが、日本仕様ということで防水(IPX5/8)・防塵(IP5X)対応となっています。USBはキャップレス防水です。

また、ディスプレイ面には特殊化学強化ガラス(Corning Gorilla Galass 4)が採用されており、「アウトドアなどでも安心して使えます。」と謳っているので、ある程度の耐衝撃もあるのかもしれません。

ワンセグ対応

日本仕様ということでワンセグにも対応しています。

大容量の3,010mAhバッテリ

最近、スマホのバッテリ容量が減少傾向にありますが、507SHには大容量な3,010mAhのバッテリが搭載されています。

「3日間超えの電池持ち」を謳っている507SHですが、低消費電力に定評のIGZO液晶ディスプレイ、Snapdragon 617というハイエンドでないCPUにも関わらず、3,010mAhものバッテリが搭載されているのでバッテリ持ちには期待が出来ます。

そこそこのCPU、カメラ性能

507SHには、arrows M03などに積まれているSnapdragon 400番台ではなく、Snapdragon 617というミドル~ハイエンド向けCPUを搭載しています。開発途上国向けのAndroid Oneですが、507SHにはそこそこのCPUが搭載されています。

カメラは1,300万画素のメインカメラ、500万画素のサブカメラです。サブカメラの性能がもう少しよければ個性が出たかもしれませんが、このクラスのスマホでは標準的なカメラ性能となっています。

おサイフケータイ、赤外線通信、緊急速報メールに未対応

日本仕様の507SHですが、おサイフケータイ、赤外線通信、緊急速報メールに対応していません。OSアップデートの関係だと思いますが、独自仕様は搭載し辛いのかもしれません。

おサイフケータイを使っている人にとってはディスアドバンテージかもしれませんが、Android Oneに興味を持つ人にとっては、Nexus然り、関係ない気もします。

507SHとNexus 5Xの比較

機種名 507SH Nexus 5X
メーカー シャープ Google(LG)
本体サイズ 71.0x142.0x8.8mm 72.6x147.0x7.9mm
重さ 135g 136g
液晶 5.0インチ
HD
1280x720
5.2インチ
FHD
1920x1080
OS Android 6.0 Android 6.0
CPU MSM8952
4x1.5GHz+4x1.2GHz
8コア
MSM8992
4x1.44GHz+2x1.82GHz
6コア
メモリ(RAM/ROM) 2GB / 16GB 2GB / 16/32GB
外部メモリ mcroSDXC 200GB -
バッテリ容量 3,010mAh 2,700mAh
連続通話時間 1,220分 -分
待受時間 4G:695時間 4G:-時間
ネットワーク 後述
転送速度(受信/送信) LTE 187.5Mbps / 37.5Mbps *1 LTE 262.5Mbps / 50Mbps *1
VoLTE
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver. 4.2 Ver. 4.2
カメラ 1,310万画素 1,235万画素
サブカメラ 500万画素 500万画素
指紋認証 -
防水 / 防塵 ○ / ○ - / -
おサイフケータイ - -
NFC
GPS
赤外線通信 - -
テレビ ワンセグ -
発売時期 2016年7月29日 2015年10月22日
価格 51,948円 16GB 52,300円
32GB 56,400円

*1 507SHはY!mobileでの最大値、Nexus 5XはNTTドコモでの最大値

507SHは、CPU性能では若干劣っていますが、SDカードスロット、防水・防塵、ワンセグ、大容量バッテリなど、Nexus 5Xには無い機能・性能を多く持っています。フルHD液晶、Wi-Fiがacに対応していないのが少し残念かもしれません。

Nexus 5XにはSDカードが搭載できないので必然的に32GBの選択になると思いますが、507SHとの価格差は約4,000円とあまり差がありません。

507SHのネットワークバンド

日本仕様の507SHなので、ネットワークバンドは寂しい限りです。海外での使用には向きません。

507SH

3G HSDPA 900/2100
4G LTE 1/3/8/41

Nexus 5X

3G HSDPA 850/900/1700/1900/2100 - American model
HSDPA 850/900/1900/2100 - Asian model
HSDPA 800/850/900/1700/1800/1900/2100 - Global model
4G LTE 1/2/3/4/5/7/12/13/17/20/25/26/29 - American model
LTE 1/3/4//8/26/38/40/41 - Asian model
LTE 1/2/3/4/5/7/8/9/17/18/19/20/26/28/38/40/41 - Global model

ベースはauのAQUOS Uと同じ

507SHのベースは、auから発売の「AQUOS U SHV35」と同じです。SHV35はAndroid Oneではありません。

AQUOS U SHV35 | 製品ラインナップ | AQUOS:シャープ

SHV35は、おサイフケータイ、緊急速報メールに対応していますが、ワンセグには対応していません。価格は52,920円で価格差はほとんどありません。

507SHは素のAndroidなのでUIについては判断できませんが、価格.comのレビューを見る限り、携帯性、操作性、レスポンス、バッテリ持ちなど高評価のようです。

価格.com - シャープ AQUOS U SHV35 au レビュー評価・評判

ジャイロスコープ搭載

ジャイロスコープは、携帯に初めて搭載されてた時にジャイロスコープを利用したアプリがたくさん出て話題になりましたが、それ以来話題になることはありませんでした。しかしながら、先週の「ポケモンGo」リリースで一気に話題になり、スマホに欠かせない注目の機能となりました。

格安スマホには搭載されていないことが多かったジャイロスコープですが、507SHには搭載されています。まだ実機が出ていないので確証はありませんが、「ポケモンGo」のAR機能がSHV35では問題なく利用できているので507SHも問題ないと思います。

日本ではY!mobileから発売

日本初のAndroid OneスマホのAQUOS 507SHは、7月29日にY!mobileから発売になります。

新規契約・一括払いだと1,598円/月~、24回払いだと3,758円/月~です。MNPだと540円/月(24ヶ月で12,960円)割引になります。

507SH, Android One | Y!mobile オンラインストア

まとめ

Android Oneスマホの507SHは、開発途上国向けという目的でありながらも防水・防塵などの日本仕様が追加され、普通に使えるスマホに仕上がっています。

Nexusシリーズと同じく、キャリアの余計なアプリもインストールされていないシンプルなAndroid OSなので、リソースの無駄遣いもなくミドルレンジのスマホでも十分なパフォーマンスが出せるのではないかと思います。

51,948円という価格が少し悩ましい限りですが、ネットワークバンドを増やしたSIMロックフリーモデルとして販売されるなら迷わず買いです。

関連記事

-スマホ
-

Copyright© 8wired.info , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.