Xperia

Xperia X Performanceのバッテリ持ちはやはり悪くなっている?

投稿日:

日本国内でまもなく発売になるXperia X Performanceですが、一足先にリリースされた海外でバッテリ持ちについての評価あり、やはり懸念した通りバッテリ持ちは悪くなっているようです。

Xperia X Performanceの電池持ち評価、ブラウジングが致命的かも。Z5シリーズやHTC 10、Galaxy S7E、P9との比較 | スマホ評価・不具合ニュース

しかし、ウェブブラウジングについてはかなり大きな差がでており、また、同じS820搭載のGalaxy S7 EdgeやHTC 10、 Kirin 955搭載のHuawei P9と比較しても大きく劣っていることが分かります。

ウェブ・ブラウジングは実際の使用に一番近い動作の再現とも言えるので、この数値が芳しくないというのはかなり気になりますね。

ウェブ・ブラウジングに関して非常にバッテリ消費が激しいようですが、バッテリ容量の多いXperia Z5(2900mAh、Xperia X Performanceは2700mAh)よりも連続通話時間、動画再生では勝っているので通信回りかソフトウェアに起因する原因があるのかもしれません。

ホワイトペーパーにXperia Z5までは掲載されていたはずのバッテリライフタイムがXperia Xシリーズからは掲載されなくなっていたので、Xperia Xシリーズのバッテリ持ちは、Xperia Z3シリーズよりも悪くなっていたXperia Z5シリーズよりさらに悪くなっているのではないかと疑っていました。

Xperiaの新シリーズ「Xperia X」「Xperia X Performance」「Xperia XA」のスペックなど | 8wired.info

Xperiaシリーズでは代を追うごとにバッテリ消費を抑える技術が進んでいると思いますが、消費が抑えられた分ライフタイムが上がるというより、消費が抑えられた分のバッテリ容量が削られるという感じがしています。

Xperiaに限らずバッテリ持ちはスマホ全体で2年前から進歩しておらず、むしろ退化している状況で、その一因としてバッテリ搭載容量の減量があります。

スマホのバッテリー持ち、XperiaやGalaxyなどは2年前から「退化」。全体でもほとんど進歩なし | スマホ評価・不具合ニュース

それでも、Xperiaシリーズはスマホ全体からは、高いバッテリ持ち水準にあるようです。

Xperia Zシリーズのバッテリ搭載容量をまとめてみました。

Xperia X Performance 2700mAh
Xperia X 2620mAh
Xperia Z5 Premium 3430mAh
Xperia Z5 2900mAh
Xperia Z5 Compact 2700mAh
Xperia Z4/Z3+ 2930mAh
Xperia Z3 3100mAh
Xperia Z3 Compact 2600mAh
Xperia Z2 3200mAh
Xperia Z1 3000mAh
Xperia Z1f 2300mAh

スマホの薄型化による物理的なスペースの課題や低コスト化などの都合もあるのかもしれませんが、代を追うごとにバッテリライフタイムは伸ばしていってもらいたいものです。

スポンサーリンク

-Xperia
-

執筆者: