ガラホ

ガラホ「AQUOSケータイ 504SH」にアプリをインストールする方法

更新日:

ガラホにプリインストールされているアプリは、画面サイズやハードウェアキーによる操作などの点からかなり絞り込まれているので数は多くありません。また、大抵のガラホはGoogle Playに非対応なのでGoogle Playからアプリのインストールを行うこともできません。

そんな一見不自由そうなガラホですが、保証の対象外ながらアプリをインストールすることが可能です。

ガラホでadbが使える環境が整ったので、早速ガラホにアプリをインストールしていきたいと思います。

ガラホ「AQUOSケータイ 504SH」でadb shellを使うための準備 | 8wired.info

ガラホにアプリをインストールする方法の概要

ガラホにアプリを追加するには、2つの行程が必要になります。

  • アプリのapkファイルの入手
  • 取得したapkファイルのインストール

厳密に言えば、ガラホへapkファイルの転送という工程もありますが、ここではapkファイルのインストールに含めて説明していきます。

作業にはadbを使える環境が整っていると便利ですが、adbを使える環境がなくてもインストールできるので、その場合には色々工夫してやってみてください。

アプリ(apkファイル)の入手方法

apkファイルを入手方法には、APK Downloaderからの入手、スマホからの入手などがあります。

APK Downloaderからapkファイルを入手する

apkファイルは、APK Downloaderを利用すると簡単に入手できます。

APK Downloaderは、Google Playにあるアプリのapkファイルを簡単にダウンロード可能な便利なウェブサービスです。

apk-downloader

Google Playからダウンロードしたいアプリのページを開き、そのページのURLをAPK Downloaderのサイトに貼り付けるとapkファイルのリンクが作成されるので、後はダウンロードするだけです。

残念なことに、リンクの作成に失敗するアプリ(失敗するアプリは恐らくダウンロード不可)もあるようですが、簡単にアプリのapkファイルが入手可能なのでお薦めです。

スマホからapkファイルを入手する

apkファイルは、アプリがインストールされているスマホからもadb経由で入手することが可能です。

例えば、歩数を記録してくれるアプリ「歩数系」のapkファイルが欲しい場合、まずこのアプリのidを取得します。idは、アプリのページのURLから取得できます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tayu.tau.pedometer&hl=ja

上記は歩数系のURLですが、URL引数のidの値「com.tayu.tau.pedometer」になります。

次に、インストールされているスマホからアプリのapkファイルの保存先(パス)を取得します。スマホにインストールされているアプリのパッケージリストは、以下のコマンドで取得できます。

> adb shell pm list packages -f

たくさんのパッケージが表示されますが、上で取得したidで検索すると簡単に見つかります。

package:/data/app/com.tayu.tau.pedometer-1/base.apk=com.tayu.tau.pedometer

上記が歩数系のパッケージ情報ですが、「/data/app/com.tayu.tau.pedometer-1/base.apk」がapkファイルのパスと確認できるので、これを抽出します。apkファイルは、以下のコマンドで抽出できます。

> adb pull /data/app/com.tayu.tau.pedometer-1/base.apk
3521 KB/s (1910937 bytes in 0.530s)

APK Downloaderと比較すると少々手間かもしれませんが、APK Downloaderで入手できない場合に利用するといいかもしれません。

アプリのインストール方法

apkファイルが取得できたので、ガラホにアプリをインストールしていきます。

adb経由でアプリをインストールする

adb経由でアプリをインストールするには、以下のコマンドを利用します。

> adb install (apkファイル)

歩数系のapkファイル名はbase.apkだったので、これをガラホにインストールします。

> adb install base.apk
2275 KB/s (1910937 bytes in 0.820s)
        pkg: /data/local/tmp/base.apk
Success

Successと表示されればアプリのインストールは完了です。

インストールしたアプリは、「ツール」>「その他のアプリ」>「ダウンロード」から起動できます。

hosukei

無事、歩数系が起動しました。

ガラホ上でアプリをインストールする

adb経由でアプリをインストールするのと違ってガラホ上でアプリをインストールをするのは少々手間なので、ここでは概要だけ説明します。

ガラホ上でアプリをインストールするにはBluetoothが必要になります。インターネットからダウンロードしたapkファイルやSDカードに転送したapkファイルをインストールするのが簡単そうに思えますが、ガラホにプリインストールされているファイル管理アプリ「データフォルダ」ではアプリをインストールすることができないのでBluetooth経由での転送が必要になります。

実際の作業としては、まずPCやスマホからapkファイルをBluetooth経由でガラホに転送します。転送が完了すると通知メッセージが表示されるので、それをクリックすればインストールが可能です。

最初に「データフォルダ」ではアプリをインストールできないと書きましたが、「データフォルダ」以外のファイル管理アプリからならインストールが可能なので、1つ目にインストールするアプリとしてESファイルエクスプローラーなどのファイル管理アプリお薦めです。

最初にESファイルエクスプローラーをインストールしておけば、2つ目以降のアプリはインターネットからダウンロードしたapkファイルなどをESファイルエクスプローラーからインストールが可能になります。

インストール前に、「設定」>「ロック・セキュリティ」から「提供元不明のアプリ」の項目にチェックを入れておくのを忘れずに。

まとめ

アプリによっては動作しなかったり操作に難があったりしますが、動作してしまえば操作についてはタッチクルーザーEXでだいたい何とかなります。よく使うアプリは、「文字」ボタンで開く「お気に入り」に入れておくと便利です。

ガラホは、こうしてアプリの追加が自由にできる非常に便利なガジェットです。アプリの追加には少し手間がかかるので万人向けではありませんが、機会があったら試してみると色々楽しめると思います。

関連記事

-ガラホ

Copyright© 8wired.info , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.