Xperia

iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9チップセットの製造元による性能の違いと発熱問題

投稿日:2015年10月9日 更新日:

アップルが、iPhone 6s/6s Plusに搭載されている「Apple A9」プロセッサについて、製造元による性能の違いがあると公式なコメントがあったようです。

アップル、「A9」の製造元による性能の違いを公式に認める | TOUCH LAB

iPhone 6s・6s Plusに搭載されている「Apple A9」プロセッサーは、韓国のSamsungと台湾のTSMCの2社が供給していることが知られています。

ここ数日、メーカーによってiPhone 6s・6s Plusのバッテリー性能が異なることが指摘されており、複数のテストによってTSMC製がサムスン製よりも優れていると報告されています。

一方で、iPhones 6s/6s Plusには電源落ちの不具合の報告がされていますが、ほぼ半数ぐらいの割合で発生する端末と発生しない端末があるようです。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusの電源落ち不具合、ほぼ半数の個体て発生か?iOS 9.0.x起因の可能性も | スマホ評価・不具合ニュース

また、Samsun製とTSMC製の製造比率は、6:4でTSMC製の方が多いですが極端に違うわけではないようです。

iPhone6s/6 PlusのA9チップ、Samsung製とTSMC製の比率が判明! | iPhone Mania

今のところ、A9の製造元による性能の違いと電源落ちの不具合についての関連性についての報告はありませんが、これらの記事を見たときに電源落ちの不具合はSumsung製で起きているのではないかと感じました。

A9については、Samsung製は14nmプロセス、TSMC製は16nmプロセスで製造されているという製造元が異なるというだけでなくダイサイズも異なります。Samsung製の方が小さいダイサイズになっているのでより性能が高いと思われますが、その分集中して発熱しやすいと考えられるので、この発熱によるバッテリ性能の差や電源落ちの不具合が発生しているのではないかと考えたわけです。

こういった不具合の話は、購入した人、購入を検討している人にとっていい話ではないので、早急に状況の判明と問題の改善がされる事を願います。

XperiaユーザとしてはiPhoneの不具合についてあまり興味はないのですが、Xperia Z5 Compactのタッチスクリーンの不具合が特に白色で発生しているということがあったので、こういった製造元による違いがあるのかと何となく気になったところです。

スポンサーリンク

-Xperia

執筆者: