Xperia

Xperia Z3/Z3 Compactに新ファームウェア「23.4.A.1.200」が配信開始

投稿日:2015年9月26日 更新日:

先日Xperia Z2に対して新ファームウェア「23.4.A.1.200」の配信が開始されましたが、Xperia Z3/Z3 Compactにも同ビルド番号の新ファームウェアの配信が開始されました。Androidのバージョンは、これまで同様5.1.1です。

ビルド番号の枝番(下から2番目)が0から1に変わっているので少し大きめの変更が加えられているようですが、今のところ「個人設定」が「画面設定」に統合されたという程度の変更点しか判明していません。

xperia-z3c-updated-20150926

私の端末では先ほど確認できアップデートしたところですが、新ファームウェアはXperiFirm(※)での配信は確認できていないので、アップデートするには端末に配信されるのを待つ必要があるかもしれません。

※ XperiFirmをVer.4.8.0にアップデートする事でファームウェアが取得できるようになるようです。gaoさん、情報ありがとうございました。

(2015年9月28日追記)

新ファームウェアでは、下記の修正があったようです。

  • バッテリライフの改善
  • システムパフォーマンス及びRAM管理の改善
  • アイコン
  • マイク問題の改修(Skype)
  • 時計ウィジェットの見直
  • 個人設定を画面設定に統合など

スポンサーリンク

-Xperia
-

執筆者:


  1. gao より:

    こんにちは。Z3C(HK版)使ってます。
    この記事を拝見し私もXperiFirm(4.8.0)で確認したことろHK版が配信されてましたので早速ダウンロードしました
    アップデートは端末のOTAでは反応しないのでPCCで更新中です^^;

  2. しょーた より:

    >gaoさん

    コメント&情報ありがとうございます。

    私の環境でも4.8.0にアップデートしたら確認できました。どうやらソニーモバイルのファームウェア配布のAPIに変更があったらしく、これまでのバージョンではファームウェアの確認ができなかったため、XperiFirmもアップデートされたようです。

  3. gao より:

    しょーたさん
    こんにちは。
    XperiFirmの件はそのようですね。

    その後、無事23.4.A.1.200になりました。
    私が気がついたことは2つあります。
    ・Sonyの時計ウィジットの種類が減った(淡色のみになった)
    ・画面書き換えがスムーズになった(気がする)

    画面書き換えはアニメーションやアプリケーションの切替時に体感できるものですが、ホームボタンでApexランチャーに戻る時に気になっていたカクツキがなくなった気がします。

  4. しょーた より:

    >gaoさん

    コメントありがとうございます。

    .200では、バッテリライフの改善、システムパフォーマンス及びRAM管理の改善、アイコン、マイク問題の改修(Skype)、時計ウィジェットの見直し、個人設定を画面設定に統合などの変更点があったようです。画面書き換えがスムーズになったのは、システムパフォーマンスやRAM管理の改善による効果ではないでしょうか?

    PTCRBで.232の認証があったようなので、今後2週間くらいで新しいアップデート(Stagefright対応?)の提供があるかもしれません。

  5. gao より:

    しょーたさんこんばんは。
    追記の情報ありがとうございました。
    時計ウィジェットの件も含まれてましたね。
    パフォーマンス向上は体感できるものでしたのでAntutuでも測ってみました。
    結果は44780から44807へ変わった程度なので誤差の範囲かなといった感じです^^;
    ちなみにバッテリライフは体感できるほどの差を感じていません。
    私も次のバージョンでStagefrightが対策されるか興味深いです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事