MVNO

NifMoが7月から「データ繰り越し」を開始、8月からは3G専用端末にも対応予定

投稿日:2015年6月18日 更新日:

「使うほどおトクな仕組み」のNifMoが7月利用分から「データ繰り越し」を開始するという発表がありました。

>> 「NifMo」、7月利用分から「データ繰り越し」を開始、8月から3G専用端末に対応

「データ繰り越し」はIIJmioやOCNモバイルONEなど大手MVNOでは既に提供されているサービスなので、これまで提供していなかったNifMoには出遅れ感がありました。データ繰り越し利用の可、不可はユーザによってMVNO選びの過程の中で重要視する1つの要素になると思うので、これでやっと他のMVNOと並ぶ事が出来たのではないかと思います。

データ繰り越しは7月分のデータ通信容量から適用になるという事なので、7月分のデータ通信容量の未使用分が8月に繰り越される事になるので、実際に恩恵が受けられるのは8月からという事になります。

nifmo-kurikoshi

上記画像はNifMoのニュースリリースのページにあったものですが、データ通信容量の繰り越しが行われると、翌月は繰り越されたデータ通信容量から消費される仕組みのようです。この仕組みは、IIJmioはクーポンなので異なりますがOCNモバイルONEとは同様で、ユーザとって非常にメリットがあります。

画像の中でも説明されていますが、翌月(図中では8月)に繰り越したデータ通信容量分しか消費しなかった場合、その翌月(図中では9月)には丸々2か月分のデータ通信容量を利用する事が出来るようになり、3GB/月プランの場合には1ヶ月で6GBのデータ通信容量が利用可能になります。そして6GBまで貯まった状態であれば、1ヶ月3GB未満の消費で過ごす限り、ずっと6GB/月利用する事が出来るという事です。

データ繰り越しは、一ヶ月で1GBも消費しない私の様なライトユーザにはあまり恩恵がなさそうなサービスですが、そういうユーザにとっては通信容量が単純に倍になるという事で、今後は通信容量の不安から完全に開放される事になるのではないかと思います。

8月からは3G専用端末でもAPN設定をする事でNifMoが利用できるようになるようです。最近日本で発売されているの機種の殆どはLTEに対応しているので、LTEに対応していないとなると3年位前の機種が対象になりそうですが、海外のローエンドモデルではLTEに対応していない機種が今でも多く発売になっているので、もしかしたらそういう機種を持つ外国人をターゲットにしての対応なのかもしれません。

NifMoを利用し始めてから半年弱になりますが、通信速度は良好な状態が維持されており、バリュープログラムのおかげで無料での利用が続いています。NifMoは現在一番お薦めのMVNOなので、興味がある人は下記の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-MVNO
-

執筆者:

スポンサーリンク

サイト内検索

スポンサーリンク