MVNO

4/1からIIJmioの通信容量がまたまた増量、料金はそのまま

更新日:

MVNOサービスの最大手IIJmioの通信容量(バンドルクーポン)が4月1日から増量されるとう発表がありました。

>> サービス仕様改定のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス)

今回の改定では、月額料金は変わらず、各プランの通信容量が1GB~3GBの増量が行われます。各プランの変更の詳細は下記のようになります。

プラン 月額料金 改定前 改定後
ミニマムスタートプラン 900円 2GB 3GB
ライトスタートプラン 1,520円 4GB 5GB
ファミリーシェアプラン 2,560円 7GB 10GB

※ 価格は全て税抜価格です

通信容量の増量は、IIJmioの音声通話プラン、データ通信プランに関わらず全てのプランに対して実施され、またIIJmioの名前が付いている下記のパッケージについても実施されるという事です。

・IIJmioウェルカムパック for イオン
・IIJmioウェルカムパック for BIC SIM
・IIJmioウェルカムパック for ELSONIC SIM
・IIJmioウェルカムパック
・IIJmio音声通話パック for イオン
・IIJmio音声通話パック for BIC SIM
・IIJmio音声通話パック for ELSONIC SIM
・IIJmio音声通話パック
・IIJmioプリペイドパック for BIC SIM
・IIJmioプリペイドパック

改定内容を見てみると、ミニマムスタートプランとファミリーシェアプランについては、1GB辺りの単価が450円→300円(約33%off)、366円→256円(約30%off)とかなりお得さが増した感があります。

一方で、ライトスタートプランについては、380円→304円(約20%off)と他の2プランに比べると少し見劣りすつというだけでなく、ミニマムスタートプランより1GB辺りの単価が高くなる逆転現象が起きてしまっているので、この点についてだけ少し残念です。

おわりに

IIJmioでは、昨年4月の10月に通信容量の増量を行われましたが、ミニマムスタートプランでは500MB→1GB(2014年4月)→2GB(2014年10月)→3GB(2015年4月)となっており、今回の改定により僅か1年の間に通信容量が6倍にまで増量されたことになります。

遅かれ早かれOCNモバイルONEからも増量のアナウンスが聞こえてきそうですが、最近MVNO市場が活性化しているだけに通信容量の増量だけでは囲い込みが難しくなっていくのではないかと思います。

現在はNifMoで十分満足しているので変更の予定はありませんが、MVNO市場が活性化しているだけに、NifMoのバリュープランの様な一風変わった付加サービスの登場してくるとMVNO選びも楽しくなってきそうです。

関連記事

おすすめ情報

1

ETORENでグローバルモデルのXperia XZ Dual F8332が$435(約48,300円)の大特価で販売中です。送料を含めた概算費用は$453(約50,400円)。 Xperia XZは現 ...

2

VAIO Phone Aが2017年7月14日から8月31日の期間、IIJmioで3,000円値下げの一括16,800円で販売されています。 VAIO Phone Aは5.5インチ大型液晶、1920x ...

3

データ通信量3GBが月額900円でも高いと感じるのは私だけでしょうか? 平成29年5月31日に総務省の公開した「電気通信市場検証会議(第4回)会議資料」によると、格安SIM利用者の1ヶ月あたりのデータ ...

4

イオンモバイルが2017年7月1日(土)から2017年9月4日(月)の期間、「納得!夏得!キャンペーン」を開催します。 業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」 イオンモバイルは、イオンショッピングモ ...

-MVNO
-

Copyright© 8wired.info , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.