Xperia

Sony MobileからXperiaの廉価モデルXperia E4が正式発表、E3からの違いは?

更新日:

Sony MobileからXperiaシリーズの廉価モデルXperia E4が正式に発表されました。

グローバルサイトのプロダクトリストも更新されたようなので確認してみると、Xperia E4にはDual SIMに対応したXperia E4 Dualという機種も発売されるようです。

http://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/

Xperia E4は昨年秋頃に格安で入手可能だったXperia E3の後継モデルということなので、Xperia E3からどのように変化しているか確認してみようと思います。

Xperia E4

Sony Mobileから提供されているホワイトペーパーの情報を元に両機種を比較してみます。

Xperia E4とE3の比較

機種名 Xperia E4 Xperia E3
OS Android 4.4.4(*1) Android 4.4.4(*2)
画面サイズ 5.0インチ 4.5インチ
解像度 960x540 854x480
パネルの種類 IPS IPS
CPU MediaTek MT6582
1.3GHz
4コア
Qualcomm Snapdragon
1.2GHz
4コア
RAM 1GB 1GB
Flash Memory 8GB 4GB
外部メモリ microSD 32GB microSD 32GB
本体サイズ 137x74.6x10.5mm 137.1x69.4x8.5mm
バッテリ容量 2300mAh 2330mAh
重量 144.0g 143.8g
カメラ 500万画素 500万画素
サブカメラ
防水 × ×
NFC ×
ネットワーク (*3) (*3)
SIMサイズ microSIM microSIM
発売時期 2015年2月 2014年9月
*1 Android 5.0 Lollipopアップデート予定
*2 最新アップデート適用時
*3 下にまとめました。

大きな変化としてはE3で4.5インチだった画面サイズが5.0インチへと大幅にアップし、解像度も854x480へと960x540アップしています。本体サイズは高さはほとんど変わっていませんが、幅が約5mm、厚さが2mmほどアップしています。画面サイズのアップに合わせて幅はアップしたようですが、上下の縁を削る事で高さのアップは抑えられているようです。

それ以外の部分ではCPUのメーカーが変更されていたり、Flash memoryが4GBから8GBへアップしていたりの変更はありますが、特質すべき変更点は無いように見えます。

xperia-e4-e3

上記の画像はXperia E4(左側)とE3(右側)です。

背面パネルが大きく変更されていて、Xperia E3ではXperia Zシリーズのような複数パーツによるエッジの効いた外装でしたが、Xperia E4では丸みを帯びた1枚のパネルで構成されているのが特徴的です。このデザインだと少し安っぽさを感じますが、厚みが増した分エッジを取り除いて持ちやすさを維持したのかもしれません。

また、電源ボタンやボリュームボタンは引き続き側面中央にありますが、E3では角にあった背面カメラの位置がE4では中央に移動しているのも大きな変化かもしれません。

Xperia E4のネットワークバンド

Xperia E4では、2G/3G対応のみでLTEには対応していない事がアナウンスされています。Xperia E3ではLTEモデルがあっただけに、この点については少し残念な気がします。

今の段階でXperia E4にはE2104とE2105の2つのモデルが確認されているので、それぞれのネットワークバンドを見てみます。

モデル ネットワークバンド
E2104 UMTS HSPA+ 850(Band V),1900(Band II)MHz,2100(Band I)
GSM GPRS/EDGE 850,900,1800,1900 MHz
E2105 UMTS HSPA+ 900(Band VIII),2100(Band I)
GSM GPRS/EDGE 850,900,1800,1900 MHz

Xperia E3についても参考までに記載しておきます。

モデル ネットワークバンド
D2203 UMTS HSPA+ 900(Band VIII),850(Band V),2100(Band I)MHz
GSM GPRS/EDGE 850,900,1800,1900 MHz
LTE Bands 1,3,5,7,8,20
D2206 UMTS HSPA+ 850(Band V),1700(Band IV),1900(Band II),2100(Band I)MHz
GSM GPRS/EDGE 850,900,1800,1900MHz
LTE Bands 2,4,7,17
D2243 UMTS HSPA+ 850(Band V),1700(Band IV),1900(Band II),2100(Band I)MHz
GSM GPRS/EDGE 850,900,1800,1900MHz
LTE Bands 4,7,17
D2202 UMTS HSPA+ 900(Band VIII),850(Band V),1900(Band II),2100(Band I)MHz
GSM GPRS/EDGE 850,900,1800,1900MHz

Xperia E3の中で近いモデルがあるかと思いましたが、ネットワークバンドから見る限り近いモデルは無いようです。もしかしたら販売のメインとしている市場がかなり絞られているのかもしれません。

おわりに

Xperiaの廉価モデルということですが、発売当初からXperia E3の評価はまずまずいいようなので、大きな違いのないE4の使い勝手も良いのではないかと思います。それだけにLTEに対応していないという点だけが、非常に残念に思います。

現状のままだとE3という選択もありそうですが、Xperia E4についてはLollipopへのアップグレードが公表されている一方で、Xperia E3はLollipopへのアップグレード予定リストには含まれていません。この為、新たに購入するのであればXperia E4を選択した方がよいのではないかと思います。

ただし、格安SIMの中には3G専用端末では動作しないものがあるので、格安SIMで運用を考えている場合には注意が必要です。

春にはイオンからXperiaの旧機種をベースとした機種が発売されることが発表されており、Xperia A2やZ1fではないかと予想されています。今のところ、E4の発売よりもこちらの機種がどんなもになるのかが楽しみなところです。

関連記事

おすすめ情報

1

ETORENでグローバルモデルのXperia XZ Dual F8332が$435(約48,300円)の大特価で販売中です。送料を含めた概算費用は$453(約50,400円)。 Xperia XZは現 ...

2

VAIO Phone Aが2017年7月14日から8月31日の期間、IIJmioで3,000円値下げの一括16,800円で販売されています。 VAIO Phone Aは5.5インチ大型液晶、1920x ...

3

データ通信量3GBが月額900円でも高いと感じるのは私だけでしょうか? 平成29年5月31日に総務省の公開した「電気通信市場検証会議(第4回)会議資料」によると、格安SIM利用者の1ヶ月あたりのデータ ...

4

イオンモバイルが2017年7月1日(土)から2017年9月4日(月)の期間、「納得!夏得!キャンペーン」を開催します。 業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」 イオンモバイルは、イオンショッピングモ ...

-Xperia
-

Copyright© 8wired.info , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.